輸入菓子ブランドのご紹介~「レッカリー・フース」と「ブノワ・ショコラ」

輸入菓子ブランドのご紹介~「レッカリー・フース」と「ブノワ・ショコラ」

おしゃれで可愛く女性に大人気の美味しいスイーツ「洋菓子」。
ヨーロッパ諸国の街を歩いていると至るところで気軽に入れる洋菓子店を見つけることができます。
西洋に起源をもつ洋菓子は使用する素材やレシピの違いにより様々な種類がありますが、
その中から今回はぜひおすすめさせていただきたいスイス・バーゼル地方の郷土菓子「レッカリー・フース(Läckerli Huus)」と、
フランス・ロワール地方の人気店「ブノワ・ショコラ(Benoit Chocolats)」という二つの洋菓子店をご紹介させていただきます。
 
 
~レッカリー・フース(Läckerli Huus)~
「レッカリー・フース(Läckerli Huus)」は、スイスのバーゼル地方で20世紀初頭に設立されました。
レッカリー・フースの初代社長となるアンドレ・クライン氏は、実はアメリカに渡ろうと計画をしていたのですが、
バーゼル地方で古くから伝わる伝統菓子「レッカリー」と出会いその運命が大きく変わりました。
アンドレ・クライン氏は、初めて食べたスパイスビスケットと呼ばれるレッカリーの美味しさに魅了され、
その後に世界で初めてとなる“バーゼラー・レッカリー”を工業生産することを実現させたのです。
これがレッカリー・フース社の始まりであり、今もなお地元の人々はもちろん、世界中で愛されるバーゼル地方の郷土菓子
“レッカリー”を世に送り出す立役者となったというわけです。
 
■スイス・バーゼル地方の伝統菓子「レッカリー」
レッカリー・フース社が設立したことで、スイス・バーゼル地方で古くから伝われる伝統菓子「レッカリー」が一躍世間に知られるようになりました。
もともと地元では“スパイスビスケット”と呼ばれ親しまれてきた郷土菓子でしたが、
工業生産が開始されたことで世界中の人々が楽しめるスイスを代表する伝統菓子として成長を遂げていきました。
レッカリーは、小麦粉、ハチミツ、砂糖、アーモンド、オレンジピール、ヘーゼルナッツをはじめ、シナモンなどの選りすぐりのスパイス、
バーゼルビーターのキルシュを加えて焼かれたソフトタイプのビスケットです。
素材を合わせた生地を1㎝ほどの厚さに延ばして焼き、その後にレッカリーの特徴でもある四角状の形にカットします。
さまざまなスパイスを使用したレッカリーは、スパイスの香りをはじめ、オレンジピールなどのフルーツの甘さ、
そして中は柔らかくモチッとした食感が特徴的なお菓子です。
コーヒーや紅茶などに合わせるとちょうど良い甘さで、地元では白ワインをはじめシャンパンやカルバドスといったお酒に合わせて食べる方法も定番です。
 
■世界ではじめてレッカリーを工業生産したレッカリー・フース社
地元では700年という長い歴史がある郷土菓子“レッカリー”は、レッカリー・フース社により工業生産されたことでヨーロッパをはじめ、
世界的に食べられる洋菓子として有名になりました。
レッカリー・フース社で作られる「バーゼラー・レッカリー」は、現在も変わることなく昔ながらの伝統的なレシピと製造方法で作り続けられており、
地元で愛される本物の味を追求するために最高品質の素材を厳選して使用しています。
現在、レッカリー・フース社のショップはスイス・バーゼル地方に4店舗、そしてスイス国内には11店舗の“レッカリー・フース店”を展開しています。
中でも、ゲルバーガッセ(Gerbergasse)通りにあるレッカリー・フースショップには、レッカリー・フース社が提供する定番の人気菓子のほか、
新たに商品開発された季節限定のギフトセットなどを購入することができます。
また、このお店の魅力は二階部分がカフェスペースになっており、人気のバーゼラー・レッカリーの焼き立てを楽しめるほか、
人気商品の“キャラメルト”や“フルート”、“チョコレート・ウェハース”などのフレーバーも味わうことができます。
 
■お菓子の製造豊富に強いこだわりを持つレッカリー・フース社
バーゼル地方で伝わる郷土菓子レッカリーを工場生産したレッカリー・フリー社では、厳しい基準がしかれた工場での徹底した品質管理はもちろんのこと、
昔ながらのレシピをもとに厳選した原材料を使用することでも有名です。現在も経験豊富な菓子職人による伝統的な製造方法やこだわりの技法で、
バーゼラー・レッカリーをはじめとしたお菓子が一つ一つ丁寧に手造りされています。
また、出来上がったお菓子は、これまた一つずつパッケージに包装し、箱詰めまで手作業で行います。
最近は、自慢のバーゼラー・レッカリーのほか、キャラメルトやフルートをはじめとした新しいお菓子の開発にも精力的に行われています。
 
■レッカリー・フース社自慢の人気菓子
数百年以上ものあいだバーゼル地方に伝わる郷土菓子“レッカリー”を工業生産させたレッカリー・フース社では、自慢の「バーゼラー・レッカリー」のほか、
「キャラメルト」や「フルート」といった商品の開発にも力を注ぎ、現在ではバーゼラー・レッカリー同様に主力商品として人気を博しています。
 
《バーゼラー・レッカリー》
レッカリー・フース社の看板商品といえば「バーゼラー・レッカリー」です。
スパイスビスケットとも呼ばれるスイスのバーゼラー地方の郷土菓子を製品化したお菓子であり、スパイスの刺激的な香りや、フルーツの爽やかな香り、
そして素材や品質にこだわり続けることで昔と変わらず愛されています。
シナモンやクローブなどの香り豊かなスパイスに、上質なハチミツをたっぷり練り込むことでしっとり食感を楽しむことができる
「バーゼラー・レッカリーオリジナル」をはじめ、爽やかなレモンピールの香りやほのかな苦みが特徴的な「バーゼラー・レッカリー・オ・シトロン」、
ポムと呼ばれるリンゴの入りの「バーゼラー・レッカリー・オ・ポム」、他にも「バーゼラー・レッカリー・オ・カカオ」、
「バーゼラー・レッカリー・オ・ショコラ レ」、「バーゼラー・レッカリー・オ・ショコラ ノワール」など、
さまざまな味わいのレッカリーを楽しむことができます。
 
《キャラメルト》
日本でも人気の高いレッカリー・フース社のお菓子、それが「キャラメルト」です。
通常のキャラメルのイメージを覆す新食感のキャラメルは噛んでも歯につかず、口の中でほろほろと溶けるような感じのなめらか食感を楽しむことができます。
キャラメルトはスイス原産の素材を使用して作られたキャラメルを、湿度や温度を保った部屋で3、4週間ほどかけてじっくり熟成させることで
結晶化させる“レッカリー・フース社独自の製法”で作られるキャラメルです。
菓子職人さんが一粒ずつ手作りで作ったキャラメルトは、濃い目のブラックコーヒーやお茶との相性が抜群です。
 
《フルート》
薄く延ばした生地を何層にも重ねて巻き、サクサクに焼き上げて筒状にしたクッキーの中に“キャラメル”や“ジャンドゥーヤ”、
“カプチーノ”のクリームが詰め込まれたレッカリー・フース社人気の焼き菓子、それが「フルート」です。
それぞれのフルートを一度に楽しめる「フルート・アソート ギフトボックス」や、フルートにキャラメルトもセットになった
「レッカリー スペシャルセット」もおすすめです。

 
ラ・サブレジエンヌ

アマリエ

レッカリー・フース

ブノワ・ショコラ

メゾン・ブルジョン